EQ articles

田辺康広|代表取締役 6seconds Master Trainer

by : 6SJ  | 

2001年1月6日 | 

,

 

「叡智は苦難によりもたらされる(アイスキュロス)」
90年のEQ理論発表時より、組織および人材開発・活性化のキーファクターとして注目し研究。専門性を活かし、様々なセクターにおけるマネジメント・リーダーシップ研修を創り、日本におけるEQの第一人者として、普及・発展に寄与している。国内・米国において20年以上のマネジメント、組織開発、EQリーダーシップ研修の経験を持つ。

 


横浜国立大学 国際戦略推進機構 非常勤講師
法政大学キャリアデザイン学部 兼任講師
1級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)
東北大学・経済学部(労務管理専攻)学士
国際大学大学院(国際関係論・経営学専攻)修士
千葉県出身
NCDA全米キャリアデベロップメント協会会員


 

大学卒業後、全日本空輸株式会社入社。国際線営業、航空機調達、海外駐在、IATA(国際航空運送協会)担当を経て97年独立。8カ国11言語が飛び交うロサンゼルス駐在時の経験から出版プロデュースした「米国式人事ハンドブック(全3巻)」は、外資系人事担当者、コンサルタントの隠れたバイブルにもなっている。

90年のEQ理論発表時より、EQ (感情知能)を組織および人材開発・活性化のキーファクターとして注目し研究。EQ検査や様々な階層に向けた「EQベース研修プログラム」を開発、実施。講演・研修実績はこれまで2,000回を超える。特に日米においての管理職実体験を事例にした管理職向け研修やエグゼクティブコーチングは、グローバル化や人と組織の活性化を目指す官公庁、金融から地方企業まで多くの企業へ導入されている。2006年より実施継続中の某地方公務員管理職対象の研修では、『研修受講者の人事考課を最も引き上げた研修講師』として、高い評価を得ている。

またEQ能力の向上がキャリア形成に寄与するという視点から、第3回「非正規雇用労働者の能力開発抜本強化に関する検討会」(厚生労働省)にてグローバルEQデータから見る日本人の特徴や職業能力とEQに関する考察などを提供した。

 

【著書】
できるリーダーは部下の「感情」を動かす
~チームを強くするエモーショナル・インテリジェンス~(PHPビジネス文庫)
amazon

 


主な執筆記事はこちら

人生の成功要因

直感の大切さ

シックスセカンズジャパン設立のご挨拶

その他関連記事はこちらからご覧ください。