EQ articles

子育てで共感力を活用する、2つの方法

by : Six Seconds本部 CEO Joshua Freedman  | 

2018年8月22日 | 

, , , ,

parenting

画像をクリックすると米国本部の原文記事をお読みいただけます

今から20年後の世界を想像します。あなたのお子さんが友人と両親であるあなた方について話していますよ。

さて、どんな会話が展開されているのでしょう。ここ2週間の自分たちの言動を思い浮かべながら、想像してみてください。

「お父さんって、よく怒っていたね。」
「ママは私のことに色々うるさかったわね。」
「私のパパであることに一生懸命になっていたわね。」
「お母さんはなんたって最大の理解者だったわね。」

あなたが言ってほしい会話でしたか?あなたのどのような会話をして欲しかったでしょう?

欲しい会話をしてもらえるためには、「共感力の活用」をどう使うかが鍵となります。

子供達が4歳と6歳の頃、出張に行った日のことを今でもよく覚えています。朝家を出る前に、兄弟げんかが始まりました。いつもの、よくある言い合いだったのですが、しまいには子供達に怒鳴ってしまいました。目的地に向かう搭乗機が高度1万メートルを航行中にふと思いました。「あぁ、あの態度は自分のなりたかったお父さんの態度じゃない。。もしこの飛行機が落ちて、残された子供たちの頭の中に「お父さんは怒鳴るだけの人」なんていう思い出しかないのは嫌だな。」と。

子育てのフラストレーションを90秒で和らげる:カギは「共感力」

怒鳴ってしまいそうになる瞬間に、ダライ・ラマのようになり、その場や子供たちにふさわしい言い方ができたらなと願うわけですが、そこまで自分は感情知能に長けていなかったし、今でも長けているとは思っていません。でも、機内で「あの僕は、ありたい父親の態度ではない」と思った時から自分はこれからは変われるのではないかと思えました。そのときから、反応しすぎてしまいそうになる自分を見つけるたびに、飛行機の中で誓った約束「それはあなたがなりたいあなたじゃないでしょ」が自分に囁くようになりました。

米国本部で作成した、子育ての中で「共感力を活用する」ということをまとめた90秒の動画があるので、お楽しみください。(日本語字幕は後日反映予定)

子育てにおいて、大人が共感力を発揮するための2つの実践的な方法

子育てのフラストレーションを減ら有効な方法の1つは、子供の視点を持つことです。子供が自分をイライラさせ始めたら、たぶん子供は自分を怒らせたいからそうするんだと考えるようにします。子供の態度に我慢ができなくなりそうになった時(たぶん子供は面白がってやっていると思います)は、たぶん子供は自分を怒らせたくてやっているんだと、考えるようにしてます。子供に対して悲しい気持ちになったり、分かり合えそうもないな、と思った時は、子供もそう感じているんだろうと考えるようにしています。このように考えることで子育てのフラストレーションがグッと和らぎます。

もう一つの実践的な手法は、先ほどとはむしろ反対のアプローチです。フラストレーションを感じたらまず自分に「この状況は本当に自分が引き受けることなのだろうか?」と問いかけることです。子供が何か大きな感情を持っているとき、わたしはその感情を衝動的に自分が引き受けてしまおうと思ってしまいます。自分が解決してやろう、と思ってしまいます。

私に向けられる息子の反抗心
私に心を閉ざす娘の気持ち

ですが、少しだけ親としての共感力を働かせるこで、状況を冷静にとらえることができるのです。「子供が今持っている感情は、子供が持つべき感情で、自分が引き受ける感情ではないかもしれない。」「ここでこうやって子供が感情をあらわにするのは、そうしても安全だと思ってるからかもしれない」と考えるようにしています。

このように考えることは、逆説的でとても興味深いことのように思えます。

共感は、相互的な認識を必要とする一方で、適当な心の距離も大切、というものではないでしょうか。子育て中には子供との「相互依存」と「相互自立」の両方が同時に必要となるということです。そして、子育てをする親としての自分を俯瞰するとき、振り返る時に、とても役立つ実践的な手法ではないかと思います。

ぜひ試してみてください。そして、体験談をシックスセカンズジャパンやEQチェンジエージェントへ共有いただければとてもうれしいです。


もっと知りたい!体験したい!

シックスセカンズジャパンでは、Six Secondsの国際認定資格を取得し、日本国内で活躍するEQチェンジエージェントをご紹介しています。子育てや教育を専門に、研修やワークショップ、講演会、個人向けカウンセリングなどを行うEQチェンジエージェントも、各地で活躍しています。

もし、最適なEQチェンジエージェントをお探しになりたい際は、6SJまでお気軽にお尋ねください。