EQ Change Agents

有限会社エラン

保有資格CEQF EQAC EQPC VSC BPC
ウェブサイトhttp://www.elan-2001.com/
事業拠点関東

お客様のパフォーマンス向上のために、「組織」と「個人」の2面からアプローチ
 
パフォーマンス向上の施策は決まった答えがあるわけではありません。
大切なのは、お客様ごとに組織風土、価値観、組織の成り立ち、取り扱い商材などの違いを考慮した施策が打てるかどうかです。
elan(エラン)は、お客様らしい施策を提供していくことを大切にしています。
 
《EQを用いた施策例》
■法人向け
パフォーマンス向上ための行動変容、共鳴型リーダーシップ、マネジメントスタイル変革、共創型チームビルディング、エンゲージメント強化組織開発 等

■個人向け
EQコンピテンシー開発による行動変容のためのセッション
ブレイン・ブリーフ・プロファイルを使ったコミュニケション力UPワークショップ 等

 

―― 大事にしているモットー

お客様の現在(いま)を大事にパフォーマンスを一緒に創り出していきます。

企業も個人も、現在(いま)の姿の中に、それまで築き上げられた“らしさ”が存在しています。

そしてその“らしさ”は、企業・個人の強みにもなり弱みにもなり得ます。エランは、“らしさ”をより強みにつなげ、最高のパフォーマンスが生み出される基盤を一緒に創り上げたいと考え、これまで歩んできました。

Six Seconds Japan EQチェンジエージェント エラン

 

―― EQ活用を伝えたい理由

“らしさ”を強みにつなげ、パフォーマンスの最大化に取り組んできました。これまでは「思考」「行動」面からのアプローチが中心でした。しかしそれだけではどうしても解決できなかったことを解決するための強力な味方としてEQ開発を取り入れました。

「頭ではわかっているはずなのに、行動できない」「必要な知識・スキル・経験も持っているのに、成果が出せない」そんな壁にぶつかり、しかたないと止まってしまっていた人、こんなもんだと諦めてしまっていた人・・・そんな皆さんが確実に行動変容を起こし変わっていく姿をたくさん見ることができました。

これからも、たくさんの方々に、自分の無意識の行動を捉え、自分自身でブレーキとアクセルを踏んで一歩を踏み出していくため、
“EQ開発=「感情」のパワーを味方につけること”のお手伝いをしたいと思っています。

 

―― EQ導入により自身のビジネス活動におけるコンテンツ・サービスの変化

個人、組織が最高のパフォーマンスを生み出していくために、これまでは「思考」「知識」「スキル」「制度」面からのアプローチが中心でした。EQはこれまでどうしても解決できなかったことを解決するための強力な味方になっています。EQを導入したことで、お客様と解決に向けて取り組んでいける領域が深まってきたように感じます。

そして、EQを導入したことによって、エラン自身が、お客様らしさに寄り添った伴走をより強く意識するようになりました。

 

―― EQ導入によりクライアントに起こった変化

―個人パフォーマンス向上例―

自分の無意識の行動を捉え、自分自身でブレーキとアクセルを踏んで一歩を踏み出していくことで、自分が取りたい行動を起こし、成果を生み出すためのお手伝いをしてきました。

例えば、“早く手を付けた方がいいことはわかっていてもついつい後回しにしていた Cさん”

初めて取り組むことや、重要なことに取り組むときほど、早く取り組んだ方がいいことはわかっていても、つい後回しにしてしまいがち。後回しにしたことで、締切に間に合わなかったり、中途半端なものしかできなかったりと、ご自身が意図していた成果が出せずに後悔ばかり。何とかしたいが性格だから仕方ない・・と半ば諦めていた頃にお会いしました。

Cさんに「つい後回しにしてしまうクセ」の具体例をいくつか振り返っていただきながら、共通する傾向を一緒に探索。またSEI受検結果から、EQコンピテンシー「結果を見すえた思考」と「楽観性の発揮」のバランスが取れていない点。および「自己パターンの認識」がEQコンピテンシーの中で一番短いという結果。自分の認識・行動パターンを捉えることができ、自分が選択したい行動をストレスなくとれるよう「楽観性の発揮」の開発に取り組まれました。

その結果Cさんは、小さなアクションが、やりはじめるきっかけになり、同時に“できそうな気がする”、“楽しい”という気持ちが生まれ行動につながっていったそうです。

新しいミッションへの「恐れ」は恐れとして受け止め、前に進めていくための可能性を考えることができるようになったと、語る姿に自信を感じられました。

Cさんの上司からは「以前は新しい案件担当になることへの不安が大きく動きが鈍くなる、行動が後手になってしまうことが多かったが、EQコンピテンシー開発を通じて、行動を起こすスイッチが入ることが早くなったと感じる。以前はなかった、自ら主体的に動くという場面が多く見られるようになって頼もしさを感じられるようになりました」というコメントをいただきました。

事例について詳しくは・・・

http://www.elan-2001.com/service/

 

-組織改革例-

お客様と「自分から何をしないといけないか?を考え、実現できる組織にする」というテーマに一緒に取り組みました。

ヒアリング等から“会社へのエンゲージメントの弱さ”が要因ではないか?という仮説が立ち、仮説検証および「自分から考えて行動することへの弊害」を捉えるために、バイタルサイン(VS)を全社で実施していただきました。その結果“長期的な視点での目標が不明瞭なため、目の前の出来事がジブンゴトとして結び付けられていなかった”ことが明らかになり、改善していくために1年間、施策を展開。1年後に再度、バイタルサイン(VS)を全社で実施した結果、個々のやりがい、成長感、モチベーションUPを実現することができました。

「なんとなく感じていること」「自分の感じていることと組織全体で感じていること」について客観的に相違を捉えることができるバイタルサイン(VS)は、組織の健康診断、組織ドックとしてお客様に活用いただいています。

事例について詳しくは・・・

http://www.elan-2001.com/service/

 

―― EQ導入後の事業実績

 

このチェンジエージェントが持つ資格