EQ articles

離職率27%がゼロになった!?感情知能EQで組織が変わる EQカンファレンス2/23(土)開催

2019年1月18日 | 

, , ,

PDFでのご閲覧はこちらから PRtimesでのご閲覧はこちらから 感情知能EQのグローバルネットワーク・シックスセカンズが開催する、一般公開型EQ体感イベントのご案内です。 米国カリフォルニア州に本部を置く感情知能(以 […]

ドラッカーが伝えたかったこと(7)NPOについてーその極みこそノーブルゴールに関連する

by : 6SJ経営研究センター フェロー 今村哲也  | 

2019年1月15日 | 

, , , , , , ,

前回、イノベーションとはだれもが求められる日常業務である、と説明した。そして環境変化の中で自分の強みを考え伸ばすことと重なる、と解説した。この事柄に重要なヒントをもたらすのが「非営利組織」についてのドラッカーの考え方であ […]

神さまが現れた!青年たちが教えてくれた共感力

by : EQチェンジエージェント|ウィルブレイン 深月敬子  | 

2019年1月11日 | 

, , , , , , ,

「共感力」という言葉は広く使われていますが、みなさんは「共感力」をどのように捉え、発揮していますか? 「いまどんな気持ちだろう?」と他者の気持ちを慮り、その先でどのように言動にするのか、もしくはしないのか。 自然発生する […]

怒りを知恵へと導く、3つの方法(後編)

by : Six Seconds本部 Maria Jackson  | 

2018年12月25日 | 

, , , , , , ,

前編では、怒り・寂しさ・悲しみ・困惑といった感情を、私たち自身や私たちの人生における知恵に変えていくことができる、ということを、とある実話を通じてお話しました。今日は、実際にどのように感情にアプローチができるのか、方法を […]

怒りを知恵へと導く、3つの方法(前編)

by : Six Seconds本部 Maria Jackson  | 

2018年12月20日 | 

, , , , , ,

Six SecondsのEQモデルには、感情のナビゲートというコンピテンシーがありますが、今日は感情を導くということの意義と、どうしたら私たちは怒り・寂しさ・悲しみ・困惑といった感情を、私たち自身や私たちの人生における知 […]

ドラッカーが伝えたかったこと(6)イノベーションの正しい理解―それは全員がなすべき日常業務である

by : 6SJ経営研究センター フェロー 今村哲也  | 

2018年12月14日 | 

, , , , ,

知識労働者が成果を出し続ける方法、言い換えればテイラーの「科学的管理法」の知識労働者版が「The Effective Executive」だ、と前回解説したが、この考え方とイノベーションは実は裏腹のものである。多くの日本 […]

いつも帰る場所と、感情リテラシー

by : EQチェンジエージェント|ウィルブレイン 深月敬子  | 

2018年12月10日 | 

, , , , , ,

みなさんは、日頃どのようにしてご自分の変化に気が付きますか?変化なんて気にも留めてなかった!という方もいらっしゃるかもしれません。 EQプラクティショナー資格認定セミナーを受講し、認定を受けて活動するEQチェンジエージェ […]

子供にとって最高に幸せな時間とは?

by : EQチェンジエージェント|TFA Global スティーブン・アウトロウ・スプルール  | 

2018年12月8日 | 

, , , , ,

シックスセカンズ国際認定資格を持ち、各地で活躍するEQチェンジエージェントが、活動の中で執筆した記事をEQコラムとしてご紹介します。 EQコラム 子供にとって最高に幸せな時間とは? 誰でも親として、子育てについてかなり不 […]

ドラッカーが伝えたかったこと(5)知識労働者のための科学的管理法―”The Effective Executive”

by : 6SJ経営研究センター フェロー 今村哲也  | 

2018年12月1日 | 

, , , , ,

MBOとは人が組織の中で自己実現をしつつ、成果を最大化する、それによってFunctional Societyを実現するためのものであり、経営学の永遠の課題の一つ「人と組織の統合」に対する唯一と言ってよい実務的な回答、とい […]