EQ articles

勝又美江|取締役 6seconds Program Director

by : 6SJ  | 

2001年2月6日 | 

,

 

「感情は真珠の核のようなもの。感情を見つめることで自分へのメッセ―ジ、意味に気づき、そこから自分の可能性を広げることができる」
金融機関人事部、秘書、芸能マネージャーを経て、2000年にEQと出会って以来「キャリア形成へのEQ活用」を伝えている。趣味は寄席巡り、落語鑑賞。

 

 


2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)
静岡県出身


金融機関にて人事部、融資部勤務後、社長秘書を経験。
秘書経験を買われタレント・俳優のマネジメント及びプロデュースに従事していた際に「才能」「キャリア形成」のキーファクターを模索する中でEQと出会う。

2000年EQとの出会いからEQ開発関連のマーケティング、ソリューションを提供。 2010年より米国シックスセカンズ社日本法人において、取締役兼マーケティング&セールス担当、グローバルスタンダードEQの研究開発の普及に務めている。

キャリアコンサルタントとして、カウンセリング、コーチングを実施し、延べ800名にキャリアカウンセリングを実施。

「EQを仕事だけでなく日常生活でも活用することで、才能と可能性を引き出し自分らし いキャリアを築く」ことをコンセプトに、官公庁、金融、一般企業といった幅広い業界・業種の新入社員から中堅社員を対象の階層別研修、キャリアビジョン研修を手掛ける。

【著書】
リーダーシップとキャリア形成のためのケーススタディブック「LDノート」(キャリアクリエイツ刊)
「人間心理」「セオリー」執筆
[担当号]
・2014年1月号「評価と責任」
・2014年10月号「ルーズな関係部署」
・2015年9月号「国際標準とジレンマ」

 


主な執筆記事はこちら

気にかかることを無視しない

感情に潜む意味

EQを伝えたい理由

その他関連記事はこちらからご覧ください。