EQ articles

人生の成功要因

by : 6SJ代表 田辺 康広  | 

2014年6月5日 | 

, , ,

人は、何をもって「成功」というか。

人それぞれではあると思うが、ビジネスでもプライベートでも
「成功」「サクセス」するために必要な要因は何だろうか。

EQグローバルネットワークのSix Secondsが提供するEQ検査には
サクセスファクター(成功要因)という測定項目がある。
キャリアライフを豊かにする要因である。

検査では4つのファクターが示される。
「達成意欲」「対人関係への意識」「健康意識」「生活の質への意識」の4つだ。

各ファクターは、それぞれの要因をどの程度日常で活用しているか自己評価したものを
北米、中南米、欧州、中近東、アフリカ、アジアの25,000人のデータをもとに偏差値評価で示している。

「達成意欲」は結果を出すために物事をやり遂げようとする能力の活用度合、
「対人関係への意識」は、人的ネットワークを構築し維持する能力の活用度合、
「健康意識」は活動的であり続ける自分を維持する能力、
そして「生活の質への意識」では日常生活のバランスと満足を維持する能力(英語表記はクオリティ・オブ・ライフ)の活用度合の
評価である。

この4つのサクセスファクターとEQをSix Secondsでは長い間調査してきた。
その結果、判明したことはこれらのサクセスファクターとEQには高い相関関係がみられるということだ。

統計の世界では、相関係数を2乗したものを「予測率ないしは説明率」として使用するが、
サクセスファクタートータルのEQの予測率は0.5479を示している。
統計をかじった人ならわかると思うがかなり高い値である。
つまり、EQを発揮することで人生を豊かにするサクセスファクターを向上させることになる、ということだ。

特に以下のファクターの予測率は高い値を示している。
「達成意欲」 0.5011
「生活の質への意識」 0.4354

1995年秋、心理ジャーナリストのダニエル・ゴールマンが
「エモーショナル・インテリジェンス」のタイトルで感情知能の有用性と時代性を説いた。
日本でも「EQこころの知能指数」(講談社刊)でベストセラーになった本だ。
その中で、
「人生の成功を予測するのに従来のIQは多く見積もってもせいぜい20%だ。
残りは何かというと感情知能だ」と力説した。

多くのリサーチャーの異議や疑義、賛同や同意が渦巻いた。
Six Secondsも確認が必要だと考え、このような調査をしてきた。
結果が上記のものだ。8割と言わないが、かなり高い割合の要素となる、という結果だ。

よく「EQ研修は何にいいのですか、なぜいいのですか。」という質問に合う。
答えは単純明快で「社員の人生の成功要因をドライブ(駆動)してくれるからですよ」です。

一見、研修で人生の成功要因をドライブすることは、自己啓発と捉えられやすい。

しかし、今やさまざまな価値観や考え、人種も含め多様な人材を
マネジメントする時代だからこそ、個のモチベーションや楽観的な思考を
生み出しやすくするためには
「達成意欲」「対人関係の意識」「健康意識」「クオリティ・オブ・ライフ」
を見つめることが必要になる。

人生の成功要因をドライブできるということは
「自立した個として、自分らしい人生をポジティブに歩むことができる」ことに繋がり、
主体的、自立・自律的な人材を育むことになる
のだ。

「停滞感」「居場所感の喪失」「物語」「成長感」「達成感」

時代を映すキーワードがたくさん並ぶ中、閉塞感を打破するドライバーとして
EQの活用を叫んでいきたい。

シックスセカンズジャパン株式会社
代表 田辺康広