EQ articles

怒りを知恵へと導く、3つの方法(後編)

by : Six Seconds本部 Maria Jackson  | 

2018年12月25日 | 

, , , , , , ,

前編では、怒り・寂しさ・悲しみ・困惑といった感情を、私たち自身や私たちの人生における知恵に変えていくことができる、ということを、とある実話を通じてお話しました。今日は、実際にどのように感情にアプローチができるのか、方法を探っていきます。

parenting

米国本部が発表している2018年11月23日「NAVIGATING ANGER TOWARD WISDOM」の日本語翻訳です。
画像をクリックすると米国本部の原文記事をお読みいただけます

*“Illuminate”は、米国本部スタッフMaria Jacksonが週に1度お届けしている、実践的なEQのヒントと、EQを活用する人生へのインスピレーションをお伝えするシリーズです。

 

自分自身の叡智へアクセスする

不快な感情の裏に存在する知恵の泉へとアクセスしてみましょう。困難に感じた時のことを思い返して、自分の中でその感情をできるだけ想起・再現させてみてください。どんな感情を感じていますか?その感情からどんなメッセージが読み取れるでしょう?1つ1つ探っていきます。

1. 感情に、「何を私に伝えようとしてるの?」と聞いてみましょう
2. もしくは「私にどうして欲しい?」と聞いてみましょう
3. チャート(現在英語のみ・本部のeラーニングサイトへ要ログイン)の中から感情を見つけ、その感情の目的を見つけてみましょう。それが、あなたに伝えているメッセージのヒントです!

あなたが体験したその感情は、あなたの人生の物語を成す大切な一部です。あなたの感情が教えてくれる叡智をぜひ逃さないでください!

 

どうやって感情にコミットしますか?

もし、いまより10%だけ多く感情にアクセスするようになったら、日々の生活はどのように変わるでしょう?

どんな共通の感情のテーマがあって、その感情たちは、あなたの人生についてなんと言っているでしょう?

どうやってあなたの感情の奥深くへとアプローチしますか?
ジャーナリング(思いのままに数分間手を止めずに書き留めるワーク)をしたり、Six Secondsの記事を読んでみたり、EQチェンジエージェント(Six Secondsの国際認定資格を持つ仲間)へ訪ねてみたり、EQテスト(SEI)を受けてみたり―――、

さぁ、何から始めてみましょうか?

Six Seconds米国本部
Maria Jackson

訳者:COLORES 廻田彩夏

もっと知りたい!体験したい!

シックスセカンズジャパンでは、Six Secondsの国際認定資格を取得し、日本国内で活躍するEQチェンジエージェントをご紹介しています。

国際認定資格やSix SecondsのEQについてお尋ねになりたい場合は、お気軽にお問い合わせください。