EQ articles

内発的なモチベーションを発揮するために大切な3つのポイントと、3つのバランス

by : EQチェンジエージェント|COLORES 廻田彩夏  | 

2019年6月13日 | 

, , , ,

内発的なモチベーションについて、「自分で自分を奮い立たせる能力」とEQACとしてデブリーフィングをする際などは一言説明をすることもあるが、この能力が重要であるということは様々な場所で語られていて、コーチングでもマインドフルネスでも、ビジネスマガジンでも、教育分野でも、この言葉は使われている。では、これがあるのとないのとでは、どんな違いがあるのか。どんな時に発揮でき、どんな時に阻害されてしまうのか。私の実体験からまとめたいと思う。


EQプラクティショナー資格認定セミナーを受講し、認定を受けたEQプラクティショナーの活動レポートより、一部をご紹介します。


 

強みを発揮されるのは迷惑だ

以前、とある企業にて新規事業のマネージャーとして半年間、週4日の時短勤務でコミットをしていた。そのプロジェクトが終わった後、様々な案件のサポートに入ることになった。但し契約更新の際の私からの要望は、体調や子育ての都合もあり、週3日の時短勤務。要望を受け入れていただき、2か月が過ぎようとしていたある日、突然近くのカフェに呼ばれ、こんなことを告げられた。

「週3日しか来なくてみんなよりも先に帰るのに、あなたの強みである主体性やムードメイキングを発揮されるのは非常に迷惑だ」

Six Seconds EQモデルのKnow Yourselfに蓋をし、発揮しないでいた当時の私は、何かを感じそれを察知する前に「これは彼の真意ではない、単純に何か言い方を間違えているだけだ」と一瞬にして感情のナビゲートを発揮し、自分の心が傷つかないように心にシールドを張った。

が、次の瞬間、

「もし発送業務やフロアの掃除や印刷などの事務作業をやりにくるというなら、今の給料のままでいい」

と言われた。『あなたの強味を発揮せずにここで私たちの要望にのみ応えるなら、今の給料のままでここで働いて良い』と取れた

これでは先方にとっては経済的に、私にとっては(先方にとっても)感情的に、お互いにunhappyな提案だ。また悲しいのは、彼らは私に辞めてほしいわけではなかったということだ。何かほかの伝え方、話し合い方が、お互いにあったかもしれない。

私のノーブルゴールは、「一人一人が自分らしく、自分の色で生きていける世界をつくる」。そんな世界こそが、最も幸せが大きく、豊かに調和して、平和な世界であると信じている。そんな私にとってこの提案は、私のモチベーションをマイナスに振り切る以外なかった

 

「自分を活かそう、幸せを生もう、何かできることはないか」という発想

一方で、現在、生業としているミュージシャンとEQファシリテーターの活動では、真逆のことがいつも起こる。お金がマイナスとなっては困るのだが、たとえ大きな利益を得られなくても、私に対してだけでなく、その場自体に明らかな感動体験が生まれるのを知っていて、期待ができ、信じることができる、また決定する権利も答えも私の中にあることをわかっているから、物理的な損得と全く無関係の所で、「自分をもっと活かそう、幸せを生もう、何かできることはないか」という発想に必ずなるのだ。

  • 自分の人生を自分で生きているという効力感(autonomy)
  • 自分らしく生きる姿勢(authentic)
  • その上での、自己表現(expression)*

*仕事も、普段の言動も、TO BEも、自己表現であると考えている。

この3つを実践できていることが内発的なモチベーションのポイントであろう。また、WILL, MUST, CANの3つのバランスもまた肝心で、 MUSTでも、使命感<義務感の場合には、内発的なモチベーションを損なうと感じる。義務感のMUSTの物差しを自分の外側から持ってきて自分に押し当てたり、自分とは無関係かもしれないそんなMUSTのハードルを無意識のうちに上げてしまっている場合もありそうだ。これでは一向に、内発的なモチベーションは生まれなかろう。

そしてやはりここでも、「感情リテラシー」で自分の感情を意識し、自分を大切にすることが土台となり、「自己パターンの認識」で自分を知り、自分を突き動かす環境作りから取り組むことが、更にこの能力を発揮するのに寄与しそうだ。

EQチェンジエージェント
EQプラクティショナー・SEI EQアセッサー・EQアドバンスファシリテーター
COLORES 廻田 彩夏