EQ articles

「リーダーシップ」の記事一覧

ドラッカーが書かなかったこと ― ドラッカーが伝えたかったこと(最終回)

by : 6SJ経営研究センター フェロー 今村哲也  | 

2019年3月15日 | 

, , , , ,

これまで10回にわたり、ドラッカーの論述の解説をしてきた。最終回として、彼の論が行きついていないところについていくつか簡単に触れる。もしも彼が107歳で今も健在ならば、きっとそれらについても明確な答えをとっくに出していて […]

情報に基づく組織について ― ドラッカーが伝えたかったこと(10)

by : 6SJ経営研究センター フェロー 今村哲也  | 

2019年3月6日 | 

, , , , ,

非営利組織と同時に1985年に彼は「情報の流れに基づく組織(Information Based Organization)」の存在に気付いた。この論述は雑誌や新聞などに掲載された単発的な論文をまとめた「The Front […]

社会生態学 ― ドラッカーが伝えたかったこと(9)

by : 6SJ経営研究センター フェロー 今村哲也  | 

2019年2月20日 | 

, , , , , ,

ドラッカーは自身を社会生態学者と規定した。経営学者だとは言っていない。また彼が「世の中はこうなる」と断言し、その通りになることが多いことから未来学者とも言われるが彼自身はそうも言ってはいない。この短い連載を読んでいただい […]

マネジメントとリーダーシップ ― ドラッカーが伝えたかったこと(8)

by : 6SJ経営研究センター フェロー 今村哲也  | 

2019年2月1日 | 

, , , , , , ,

「ドラッカーが伝えたかったこと」の連載が始まって4か月が経った。いよいよドラッカーによるマネジメントとリーダーシップの最終形について語る時が来た。 シックスセカンズジャパン経営研究センター今村フェローによる「ドラッカーが […]

NPOについてーその極みこそノーブルゴールに関連する ― ドラッカーが伝えたかったこと(7)

by : 6SJ経営研究センター フェロー 今村哲也  | 

2019年1月15日 | 

, , , , , , ,

前回、イノベーションとはだれもが求められる日常業務である、と説明した。そして環境変化の中で自分の強みを考え伸ばすことと重なる、と解説した。この事柄に重要なヒントをもたらすのが「非営利組織」についてのドラッカーの考え方であ […]

EQリーダーシップ第3話「魅力を磨く(1)-望ましさ」

2018年8月16日 | 

, , , , , , , ,

6月より連載の始まった、代表田辺によるEQリーダーシップ・シリーズです。 ご好評いただきありがとうございます。 EQリーダーシップ・シリーズ 本シリーズは6SJメールレターのご登録でタイムリーにお読み頂けます。 EQリー […]

EQリーダーシップ extra版「キャプテンシー」

by : 6SJ代表 田辺 康広  | 

2018年8月1日 | 

, , , , , ,

6月より連載の始まった、代表田辺によるEQリーダーシップ・シリーズです。 ご好評いただきありがとうございます。 EQリーダーシップ・シリーズ 本シリーズは6SJメールレターのご登録でタイムリーにお読み頂けます。 前々回の […]

パフォーマンスを左右する目に見えない大事な要因を読み取るEQのちから

by : 6SJ 須澤 知史  | 

2018年7月17日 | 

, , , , , , , , ,

大盛り上がりを見せた「ワールドカップ サッカー2018 ロシア」もフランスが優勝という形で幕を閉じました。 日本戦はもちろん、最後の最後まで何があるかわからない、サッカーの面白さを改めて感じさせてくれる大会でした。 大会 […]

サッカー日本代表チームの変化と成長

by : 6SJ 組織活性化研究センター フェロー 山本 憲幸  | 

2018年7月4日 | 

, , , , , , ,

Six Seconds Japan 組織活性化研究センターのフェローを務めております株式会社ビヘイビアチェンジパートナーズ代表取締役 山本憲幸です。 2018年ロシアワールドカップ。開催前の下馬評を覆し、グループリーグ1 […]

EQリーダーシップ 第2話「”魅力的なリーダー”となるための3つの要素」

by : 6SJ代表 田辺 康広  | 

2018年6月15日 | 

, , , , , ,

6月より連載の始まった、代表田辺によるEQリーダーシップ・シリーズです。 ご好評いただきありがとうございます。 EQリーダーシップ・シリーズ 本シリーズは6SJメールレターのご登録でタイムリーにお読み頂けます。 &nbs […]