EQ articles

「活用事例」の記事一覧

EQデータ分析から見えてきた日本の課題(3)

by : 6SJ データ分析センターフェロー 三森 朋宏  | 

2018年5月7日 | 

, , , , , ,

シックスセカンズジャパン データ分析センターフェローの三森です。 4月1日の回より、シックスセカンズ社のグローバルEQ検査「SEI」のデータ集計、分析した結果をもとに、「EQ(SEI)データ分析から見えてきた日本の課題」 […]

EQデータ分析から見えてきた日本の課題(2)

by : 6SJ データ分析センターフェロー 三森 朋宏  | 

2018年4月15日 | 

, , , , , , ,

シックスセカンズジャパン データ分析センターフェローの三森です。 前回より、Six SecondsのグローバルEQ検査「SEI」のデータ集計、分析した結果をもとに、「EQ(SEI)データ分析から見えてきた日本の課題」につ […]

EQデータ分析から見えてきた日本の課題(1)

by : 6SJ データ分析センターフェロー 三森 朋宏  | 

2018年4月1日 | 

, , , ,

シックスセカンズジャパン データ分析センターフェローの三森です。 今回は、2017年12月に開催されたEQカンファレンス2017において、Six SecondsのグローバルEQ検査「SEI」のデータ集計、分析した結果をデ […]

私がEQを伝える理由 ~亡き祖父から受け継いだもの~

by : 6SJ データ分析センターフェロー 三森 朋宏  | 

2018年3月15日 | 

, , , ,

シックスセカンズジャパン データ分析センターフェローの三森です。 今、私は3年前に他界した祖父との思い出の地(山形県鶴岡市)で、当時に思いを馳せこの原稿を書いています。 私の中には尊敬する祖父のDNAが間違いなく受け継が […]

若年者層とEQ ~新入社員にこそEQが大事な理由~

by : 6SJ 勝又 美江  | 

2018年2月15日 | 

, , ,

「三つ子の魂百まで」 入社から3年間は、社会人の基礎力を養う大事な時期です。 働き方改革が叫ばれていますが、現代社会に生きる若年者のセルフ・マネジメント(自己管理)は、 タイムマネジメント、健康管理、そして感情マネジメン […]

EQと組織パフォーマンス:リーダーが知っておきたい人間心理と感情問題

by : 6SJ 組織活性化研究センター フェロー 山本 憲幸  | 

2017年12月15日 | 

, , , ,

Six Seconds Japan 組織活性化研究センターのフェローを務めております株式会社ビヘイビアチェンジパートナーズ 代表取締役 山本憲幸です。 前回は、チームを活性化する際、リーダーに押さえておいて頂きたい視点と […]

EQと組織パフォーマンス:リーダーが知っておきたい「集団活動で発生する癖」

by : 6SJ 組織活性化研究センター フェロー 山本 憲幸  | 

2017年12月1日 | 

, , , ,

Six Seconds Japan 組織活性化研究センターのフェローを務めております株式会社ビヘイビアチェンジパートナーズ 代表取締役 山本憲幸です。 第3回~5回では、チーム活性化のための診断について紹介してきました。 […]

EQと組織パフォーマンス:チーム診断を用いた介入 3 ~フィードバック編~

by : 6SJ 組織活性化研究センター フェロー 山本 憲幸  | 

2017年11月15日 | 

, , , ,

Six Seconds Japan 組織活性化研究センターのフェローを務めております株式会社ビヘイビアチェンジパートナーズ 代表取締役 山本憲幸です。 第3回では「診断の効果性」、第4回のメルマガでは「効果的でないチーム […]

EQと組織パフォーマンス:チーム診断を用いた介入 2 ~診断モデル編~

by : 6SJ 組織活性化研究センター フェロー 山本 憲幸  | 

2017年11月1日 | 

, , , , ,

Six Seconds Japan 組織活性化研究センターのフェローを務めております株式会社ビヘイビアチェンジパートナーズ 代表取締役 山本憲幸です。 第3回のメルマガでは「チーム診断を用いた介入(効果編)」について記し […]

EQと組織パフォーマンス:チーム活性化の視点から見た衆議院選挙とリーダーの役割

by : 6SJ 組織活性化研究センター フェロー 山本 憲幸  | 

2017年10月23日 | 

, , ,

Six Seconds Japan 組織活性化研究センターのフェローを務めております株式会社ビヘイビアチェンジパートナーズ 代表取締役 山本憲幸です。 衆議院選挙は、自由民主党と公明党の与党が、313議席を確保した結果に […]